上野クリニック 手術方法

実体験で紹介!上野クリニックではどんな手術方法を?

 

包茎に悩む男性は多いと聞きますが、
私も包茎に悩む30代の一人の男です。
包茎は一生治らないものと思っていましたが、
包茎は手術で治すことができます。
しかし、手術なんて怖くてできない、
どんな手術方法が行われるか分からなくて不安と感じる方も多いでしょう。
私は今回上野クリニックで悩みの包茎手術を受けてきました。
不安も多かったのですが、今は手術を受けて良かったと思っています。
そこで、包茎に悩む男性のために
上野クリニックで行われる手術方法をご紹介します!
包茎手術へ不安を持つ男性は、
ぜひ私の実体験を参考にしてみてください。

 

 

■包茎と知りショックを受けました

 

性欲は人並みにあるものの、私には自信がありませんでした。
その理由は自分が「仮性包茎」だからです。
まだ20代になったばかりの頃、皮が少しかぶった状態が当たり前だと思っていましたが、
大学でできた初めての彼女に「皮かぶっているんだ…」と言われました。
最初はそれの何が不思議なのかと思いましたが、彼女の元彼はしっかり露出していたとのこと。
これをきっかけに、私は初めて自分が包茎であることを知りました。

 

包茎について調べてみたところ、平常時はかぶさり勃起時に露出しやすい
「仮性包茎」、包皮の先端が狭い「カントウ包茎」、
包皮がほとんどかぶさっている「真性包茎」と種類があることも分かったのです。
各包茎の種類の特徴から自分が当てはまったものは仮性包茎でした。
手でむくことは難しくありませんが、
私の場合は勃起時もかぶった状態なので重度とのこと……。

 

包茎の何が悪い!と調べていた時は思いましたが、
実は女性に好まれないものだと後々分かりました。

 

 

私自身もそうですが、ここをご覧になっている方々で、

 

 

以下の項目にドキッ!!となった方は多いはずです……。

 

 

・早漏になる
人のタイミングは知らないので自分のタイミングが一般的と思っていましたが、
どうやら包茎じゃない人に比べると早漏だと彼女に指摘されました。
普段から皮をかぶった状態なので刺激に弱く、早漏になりやすいとか。
これは男からしたら恥でしかないですね……。

 

・臭いが気になる
最初の彼女はやたら臭いを気にしていました。
皮をかぶった状態だと恥垢も溜まりやすく、
不衛生な状態だと雑菌が繁殖し、臭いもキツくなるそうです。
皮をむいて洗うようにしますが、
臭いを警戒して洗い過ぎて痛くなってしまうこともあります……。

 

・成長が悪い
私は包茎以外にも、短小気味なところも悩みです。
やはり皮が成長を妨害し、
それにより増大サプリなどの効果も少なかったようです。
見た目も悪くなるので、包茎はデメリットが多いぞ……。

 

私が当てはまる問題点は主にこの3つですが、

 

 

 

包茎は他にもデメリットがあるそうです。

 

 

 

今の妻は包茎に対して理解があるものの、
包茎を指摘された時のトラウマは完全に振り払うことができず、
自信のなさから中断なんてこともあります。
男として本当に情けないことでした。

 

 

 

■上野クリニックに行こうと思ったきっかけ

 

包茎の悩みは人に相談しづらい……
しかし、昔から仲の良い同僚と飲んでいる時、
ED治療を受けていることを告白されました。
子どもがほしくても自分がEDのせいでできないと悩んでいたそうですが、
ネットの口コミなどを見て上野クリニックに通い、ED治療を行っています。
そこで、私も彼に包茎のことを相談したところ、
上野クリニックに相談すると良いと言われたのです。
正直、どうしようか迷いましたが、
ホームページには治療に関する料金もしっかり記載され、
カウンセリングも無料でできるところに惹かれました。
口コミでも相談だけでもいいとあったので、これなら気軽に行ける!
妻にも相談したところ、「手術するかどうかは相談によってだね」と後押しされ、
その日のうちに予約したのです。

 

上野クリニックは男性専門のクリニックなので、スタッフも全て男性。
なので、同じ男性だから先生も悩みを理解してくれました。
やはり、私の仮性包茎は重度なので、
できれば手術した方が病気やカントウ包茎化を避けることができると……。
しかし、手術への不安や勝手にしていいものだと思えず、
その日はカウンセリングだけで終わりました。
クリニックによっては無理に手術を進めることもあるようですが、
こちらのクリニックでは軽症であれば傷めない方法をアドバイスしてくれるみたいですし、
重症でも無理やり同意させることはないです。
なので、自分の意思がしっかり固まってからここで手術を受けたいと思いました。

 

 

■気になる包茎手術方法

 

 

上野クリニックで無料カウンセリングに行き、
包茎は治るという自信が生まれました。
妻にカウンセリングでの結果を報告したところ、
彼女も手術に前向きな様子で嬉しかったです。
そして、同時に彼女が感じていた不満を知ることができ、
良いきっかけになりました。

 

数日後、再び無料カウンセリングを予約し、
包茎手術や包茎矯正器具の特徴やデメリット、
カウンセリングで手術の流れなどを改めて確認。
包茎手術にも様々な方法があるようですが、
上野クリニックではそれぞれの状態に応じて治療法を提案してくれるので
安心感が強いです。

 

こちらのクリニックでは
「複合曲線作図法」と呼ばれる手術法をつかっています。
この手術法は出血量を抑えるために手術時間は長めですが、
見た目にも配慮して余分な包皮を切除してくれる方法です。
一人ひとりの余り具合に応じて切除ラインを設定し、
さらい切除ラインはカリで隠れるので自然な仕上がりになります。
また、包皮の皮膚構造は内側・外側によって違っていて、
内側は血管や神経が多いので痛みやすいですが、傷が残りにくそうです。
一方、外側は出血や痛みが少ない反面、傷が残りやすいと言われています。
複合曲線作図法は包皮の性質を理解し、内側と外側では使用する道具を使い分け、
縫合の針も細いタイプであるため傷が残りにくいメリットもあります。

 

 

 

ものすごくわかりやすく言うと、

 

 

自分の体形に合ったオーダーメイドのスーツを

 

 

専門家にデザインして作ってもらう感じですかね。

 

 

自分の体形に合っているから、動きやすさ、

 

 

着心地が抜群の仕上がりになる感じです。

 

 

 

 

手術が始まると、無料カウンセリングで説明が有った通り、
まず最初に行うのは消毒。
そして、どれだけ余分な皮があるかを測り、
3段階に分けて麻酔を行います。

 

1.基礎麻酔
スプレーで局部に麻酔薬を散布します。
ちょっと冷たくてびくっとしてしまいました(笑)
皮膚の表面の感覚を麻痺させるために行う麻酔となります。

 

2.深部冷却麻酔
シャーベットみたいなジェルを局部に巻き付ける形の麻酔です。
スプレー式基礎麻酔で冷たいと思ったのですが、
さらに上の冷たさがきました(笑)
こちらの麻酔は、皮膚の内部に対して行う麻酔です。

 

3.極細針麻酔
三段階目の麻酔は一般的な麻酔のイメージである、
注射を使用しての麻酔となります。
極細の針を使いますし、局部の表面、内部にも十分麻酔をしているので、
痛みというよりは、軽い違和感しか感じずに
麻酔が完了しました。

 

しっかりと麻酔をかけてくれるというのもありますが、
手術中もリラックスできるように、今、どんな手順を行っているか、
あとどれくらいで完了するかなどを話しながら進めてくれるので、
安心してお任せすることができました。

 

「複合曲線作図法」は時間のかかる術式で、
1時間半ほど手術を行っていましたが、
談笑を交えつつ作業内容を話してくれていたので、
長いと感じることはありませんでしたよ。

 

気が付いたら包帯も巻かれていて、
手術完了でした!

 

 

■手術時間と術後のケア

 

上にも書きましたが、手術時間はだいたい1時間半でしたが、
事前に無料カウンセリングも行ったので、
トータルの時間は2時間ちょっとでした。

 

また、術後の通院、入院は基本的には行いませんでした。
数日後、局部に多少の違和感があり電話を行ったのですが、
基本的には電話口で問題が解決しましたし、
2週間ほど経過した後に抜糸をするまで、
私は一回も通院しませんでした。

 

それから、お風呂はしばらくは入れませんが、
シャワーは翌日から大丈夫なようです。
私も普通にシャワーを浴びていました。

 

ここで問題になってくるのが、

 

 

 

「包帯ってうまく巻けるのかな…?」

 

 

 

という事ですが、そちらも術後に丁寧に教えてくれますし、
予備の包帯も支給してくれますので、大丈夫です。
私は相当不器用な方で、プラモデルもろくに作れませんが、
ちゃんと教わった手順で、包帯を巻く事ができました(笑)
術後という事もあり、衛生面からも毎日消毒と
包帯の交換は行いましょう。

 

あと、私は週に何度かジム通いをして運動を行っていますが、
運動全般は1か月ほど控えるように言われました。
身体を動かすことは習慣になっていたので、
非常に違和感がありましたが、
これも術後に問題が起きないためのケアの一環として、
しっかりと守りました…。

 

 

■実際に包茎手術を受けてみて

 

上野クリニックの包茎手術は
カウンセリング当日でも受けることが可能です。
私は2回目のカウンセリングで受けることにしましたが、
人生で一番緊張したかもしれません。
出血や痛みが怖いと思いましたが、
複合曲線作図法は出血量が少なく、
さらに上野クリニックは独自の麻酔法を採用しているので、
手術中に傷みが発生することはなかったです。
麻酔は基本的な麻酔、深部の冷却麻酔、
そして細い針での麻酔と3ステップにより、痛みを制御しています。
麻酔時も痛みがほとんどないので安心ですよ。

 

手術中はほとんど寝てしまっていたので
恐怖心や時間感覚もほとんどありませんが、
1時間半ぐらいで終わりました。
個人差はあるものの、カウンセリング時間を含め
1時間半から2時間程で終わるようです。
手術後はお風呂に2週間が入れないことやアルコールの禁止、
性行為などの禁止期間などアフターケアを説明され、
飲み薬や消毒セットを貰って終了です。
麻酔が切れたあとは傷みがありますが、薬で押さえられました。
後日、抜糸では傷みは全くなく3分程度で終わり、
手術に傷みも残っておらず普通に1ヶ月過ごしました。

 

抜糸直後は直視するのが怖かったのですが、
1ヶ月近くになると縫い目も馴染み、
今までとは見た目も変わり精神的に自信がつきましたね。
性行為も解禁されて妻に見てもらったところ、
「前と違う!誰、あんた!?」と笑いながら驚いていました(笑)
包茎を治したからといってすぐに早漏が治るわけではありませんが、
臭いなどは以前より気にならないようです。
早漏や増大はトレーニングやマッサージ次第ですね。

 

最初は後ろ向きだった包茎手術も上野クリニックで行ってみて、
私は男性としての自信を取り戻すことができたと実感しています。
こちらのクリニックでは包茎治療だけではなく、増大や性感染症、
EDといった男性特有の悩みの治療を手厚く行ってくれます。
お悩みの方は、ぜひ上野クリニックで無料電話相談や
無料カウンセリングを受けることをおすすめします!
下記バナーからも予約できるので、是非おためしください!