上野クリニック カントン

カントン包茎とは?上野クリニックでカントン包茎の手術ができる?

 

カントン包茎とは、どのような包茎なのでしょうか?
カントン包茎だった場合、
上野クリニックで手術することができるのでしょうか?

 

 

■包茎の種類

 

 

実は包茎で悩んでいるという男性は多く、
海外と比べると日本人には包茎になりやすい傾向にあり、
その包茎にもいくつかの種類があります。
包茎には仮性・真性・カントンなどがありますが、
その中でも仮性包茎は最も多いタイプです。
平常時に包皮が亀頭を覆い、手で剥くと露出させることができますが、
勃起してもほとんど皮を被ったままだと重度の仮性包茎になります。

 

真性包茎は、包皮の先端部分が狭くなっていて
亀頭と包皮が癒着していることから平常時でも
手で剥いて出すことができない状態のことをいいます。
亀頭が常に皮で覆われているので、
亀頭に異常があった場合も気がつかないことも多いです。

 

カントン包茎は、包皮の先端部分が狭く
平常時に亀頭を出すことができますが、
無理に剥いてしまうと包皮口が亀頭の根元を締め付けて
元に戻せなくなってしまう状態のことです。

 

 

 

■カントン包茎をそのままにしておくとどうなる?

 

この包茎の中でも、他の包茎はそのままにしておいても特に何もありませんが、
カントン包茎はそのままにしておくと亀頭部分がうっ血してしまう恐れがあります。
うっ血状態で放置してしまった場合、一部が壊死してしまうかもしれないため、
速やかに医療機関への受診が必要となります。

 

 

 

また、亀頭を露出させることが難しいので亀頭が敏感な状態になり、

 

 

内側にカスも溜まりやすく、酸化して悪臭を発生させてしまったり、

 

 

陰毛が絡まって包皮を傷つけてしまう場合もあります。

 

 

これらが悪化すると炎症が引き起こされ、性病にも感染しやすくなります。

 

 

特に、女性は男性より臭いに敏感だといわれていますから、
洗いにくく、汚れと匂いが取りにくいカントン包茎がNGという人は
多い傾向にあるようですね。

 

 

 

■カントン包茎は手術が必要?

 

カントン包茎は手術することで、
壊死する危険を回避するだけでなく清潔に保つことができます。
もしカントン包茎かも?と思ったら、
上野クリニックで無料カウンセリングを受けて手術など気になる相談をしてみましょう。
実は私もカントン包茎かもしれないと診断された過去を持っています。
このような症状をみると、やはりカントン包茎はそのままにしておかず、
早めに手術した方がいいような気がします。
そして、自分がなっていたかもしれないと考えたら、やっぱり手術していたでしょう。
コンプレックスだからいくら友人であっても相談しにくい部分がありますが、
上野クリニックなら専門医なので気軽に相談することができます。
抱え込んでしまう前に、下のバナーから無料カウンセリングの予約を入れて、
上野クリニックに足を運んでみましょう。

 

 




ホーム RSS購読 サイトマップ